Bloomy (Digital)
58ca244902ac645df3000930 58ca244902ac645df3000930 58ca244902ac645df3000930 58ca244902ac645df3000930

Bloomy (Digital)

¥600 税込

※こちらはダウンロード商品です

EMBR-6_Bloomy.zip

83.8MB

- Bloomy - Charity Digital Single この作品の売り上げは東日本大震災への寄付金、今後日本で大きな災害が起きた際の寄付金として管理されます ■Youtube Bloomy|https://goo.gl/eqNnjB Grow Yellow|https://goo.gl/zxgeDQ ---------------- 東日本大震災から6年。 2016年4月に東北を訪れ、その時の思いを表現したコンセプトシングル。 津波の被害にあった土地には菜の花がたくさん植えられていました。 「なにもない道や土地を見てただ悲しむことよりもここを通る人の気持ちが少しでも明るくなるように」 そんな思いを込めて地元の方々が植えられているとのことです。 僕が訪れた4月は満開で、一面が黄色に。とても美しかった。 工事車両と一面の菜の花。未来への希望を感じた瞬間でもありました。 その時に見た景色を曲にしました。 力強く、美しく。 悲しみを吹き飛ばしてしまうような。 ---------------- - [.que] / Bloomy - 1. Bloomy 2. Grow Yellow 3. Little Smile 2017.3.10 release embrace Bloomy detail http://que-music.net/bloomy - comment - 東日本大震災から6年。 2016年の4月19日から3日間東北へと足を運びました。 訪れた場所は東日本大震災で被害を受けた場所。 地震、津波、そして原発。 これまでテレビやネットで見ていた景色をこの目で確かめるために訪れました。 震災から6年経った現在。 メディアでの報道も少なくなり、状況がほぼわからず。 もしかしてほとんど復興しているんじゃないか?そんな期待も抱いていました。 しかしながら、目の当たりにしたのはたくさんの除染袋、更地になってしまった土地。 正直、受け止めるには時間がかかるなと思いました。 もちろん復興が進み活気が戻りつつある場所もあったけど、 あの日から時間が止まっている場所もある訳で。 3日間という短い時間の中で理解、納得するにはあまりにも短すぎるなと思いました。 現地の人達は「未来」についてすごく前向きで、逆にこちらが勇気をもらう始末。 「二度とこのようなことは」 そんな思いを抱きつつ東北を後にしました。 僕の生まれ育った町は昔、南海地震で大きな被害を受けたそうだ。 おばあちゃんからその話を子供の頃によく聞いていた。 僕は地震や津波という言葉に敏感だ。 また地元に大きな地震が来たらどうしようか。 津波が来たらどうしようか。 その時自分には何ができるか。 大袈裟かもしれないが毎日のように考えている。 今回の機会をくれた音小屋仙台の皆さん。 ありがとう。 そして必ずまた東北へ足を運びたいと思います。 ■音小屋仙台 https://twitter.com/otokoyasendai ■東北ライブハウス大作戦 http://www.livehouse-daisakusen.com/